映画

人間失格(映画)あらすじネタバレ感想|キャスト一覧も

「鬼才」と呼ばれる蜷川実花が監督を務め、主演に小栗旬、共演の女優陣に宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみなど豪華なキャスティングで、文豪・太宰治の生涯を描き話題になった、「人間失格 太宰治と3人の女たち」

今回は、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」のあらすじとキャスト一覧、ネタバレと結末、本作に対する感想や評価などをご紹介します。

人間失格(映画)|あらすじ

作家・太宰治は文壇で高い評価を得て、世間の人気を博しながらも、その一方で私生活は薬に溺れ自殺未遂を繰り返すなど、乱れきっていました。

そんな太宰を妻の美知子が支えていたのですが、ある時太宰は、自身のファンである静子と出会います。

太宰と静子はほどなくして男女の関係になり、太宰は静子の書いていた日記を元に小説を書き上げようと考えます。

そんな太宰に、静子は「あなたの子供が欲しい」と訴えます。

太宰に心酔している編集者の佐倉は、太宰の女性関係に苦言を呈しますが、太宰は聞き入れません。

そして太宰は、妻子を持つ身でありながら、静子の頼みを断り切れず、静子は妊娠します。

静子の弟である薫は、姉を心配して妊娠したことを責めますが、静子もまた身内の言葉に耳を傾けることはありませんでした。

更に太宰は、戦争で夫を失った富栄という女性と出会い、その魅力に惹かれてしまいます。

「ヴィヨンの妻」という美知子を称えるような作品を書きながら、静子の日記を元にした作品「斜陽」を書き上げ、そして未亡人の富栄と愛瀬を重ねる太宰。

作家としての成功とは裏腹に、太宰の生活は更に乱れ、そして徐々にその体も病に蝕まれていくのでした。

人間失格(映画)|キャスト一覧

演者
太宰治 小栗旬
太宰の妻・美知子 宮沢りえ
太宰の愛人で弟子・静子 沢尻エリカ
太宰の愛人で最後の女・富栄 二階堂ふみ
太宰担当の編集者・佐倉 成田凌
静子の弟・薫 千葉雄大
作家・坂口安吾 藤原竜也
作家・三島由紀夫 高良健吾

人間失格(映画)|ネタバレ・結末

静子は太宰との子供を出産し、太宰もこの子を認知して、自分の名前を取って「治子」と命名します。

しかしその一方で、小説「斜陽」に自分の名前を載せて欲しいと静子にねだられ、太宰は困惑します。

更に、滞納していた多額の税金の請求が来て、太宰は酒と薬の量が増え、喀血するようになります。

富栄を秘書のように身近に置き、しかも美知子の留守中に家の片付けもさせてしまう太宰に、美知子は我慢ならず、太宰を追い出します。

富栄はこの頃、家庭を持つ美知子や、子供を授かった静子と違い、自分には「何もない」という不安から、太宰に「死にたい」と訴えるようになります。

太宰はそんな富栄に、「これを書き終えたら一緒に死のう」と、「人間失格」の執筆に取りかかります。

太宰は「人間失格」を書き上げたあと、美知子に「誰よりもお前を愛していた」という手紙を残し、富栄と入水自殺するのでした。

太宰の死が発覚したあと、自分宛ての手紙を読んだ美知子は、自宅に集まった取材陣の前で、いつものように洗濯物を干すのでした。

人間失格(映画)|感想・評価

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」は、ネット上でおおむね好評価を得ています。

映画レビューサイト「Filmarks」では、星3つという採点になっています。(満点は星5つ)

好意的な評価の例を挙げますと、

  • 映画の華やかな色彩と、豪華俳優陣の演技が良かった!
  • 蜷川監督の映像表現が素晴らしい
  • 太宰の小説を知らなくても楽しめると思う

など、豪華な俳優陣の共演と、蜷川監督独特の華やかな映像に多くの賛辞が寄せられています。

逆に、好意的でない感想の例を挙げますと、

  • 女性陣はいいが、太宰本人の人間像が見えてこない
  • 太宰の小説ファンとしては、少しがっかりな内容
  • 女優陣は綺麗だが、内容的にはどうかな・・・

といったような、太宰治の小説ファンなどからはやや厳しい感想も聞こえてきます。

しかし、内容に関しては多少の疑問も抱きつつ、女優陣の演技については素晴らしいということでは、皆さん意見が一致しているように感じました。

まとめ

今回は、豪華俳優陣の共演で話題になった映画、「人間失格 太宰治と3人の女たち」のあらすじとキャスト一覧、ネタバレと結末、本作に対する感想や評価などをご紹介しました。

豪華な俳優陣の演技を、監督独特の色彩感覚をバックに堪能することが出来る映画ではないかと思います!

人間失格(映画)沢尻エリカ、二階堂ふみ、宮沢りえのR指定場面とは?「鬼才」蜷川実花が監督を務め、主人公の文豪・太宰治に小栗旬、太宰の人生に大きく関わった女性たちに宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみという豪...